トップ  >  THE・野球拳  >  Raspberry Pi でTHE・野球拳を動かす
前
THE・野球拳 エミュレータ
カテゴリートップ
THE・野球拳
次
THE・野球拳 チート
Raspberry Pi 3 Model B+ が登場したので、openMSXでTHE・野球拳を動かしてみました。

OSは、エミュレーターに特化したRetroPieだとバージョンが古いため、Raspbianのデスクトップ版を使用しました。

apt-get でインストールできますが、こちらもバージョンが古いため、ソースからコンパイルします。
git clone https://github.com/openMSX/openMSX.git openMSX
cd openMSX

コンパイル方法はドキュメントに書いてあります。
推奨の Stand-alone Binary (staticbindist オプション)は、ライブラリのダウンロード・コンパイルから行うため、かなり時間がかかるので、普通にコンパイルします。

コンパイルに必要なライブラリをインストールします。
sudo apt-get install libasound2-dev libglew-dev libogg-dev libtheora-dev libvorbis-dev libsdl1.2-dev libsdl-ttf2.0-dev tcl8.5-dev

これでコンパイできる状態になったので、普通に configure / make します。
./configure
make -j3

30分ぐらいかかります。

sudo make install

BIOSファイルを所定のディレクトリ(~/.openMSX/share/systemroms)へコピーして、Windows版と同じコマンドで起動します。
openmsx -machine Pioneer_PX-V60 -carta ROMカセットのパス -laserdisc ogvのパス

CPUは4コアのARM 1.4GHzで、かなりキツイです。
動画は映像・音声とも再生が追いつかないため、数秒間隔でプチフリします。
前モデルの Raspberry Pi 3 Model B (同4コア 1.2GHz) からの進化は、ほとんどありませんでした。


2.0a
投票数:1 平均点:7.00
作成:2018/6/7 22:11:43   更新:2018/6/10 21:45:49   閲覧数:218
前
THE・野球拳 エミュレータ
カテゴリートップ
THE・野球拳
次
THE・野球拳 チート

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

メインメニュー

オンライン状況

11 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが 作品紹介 を参照しています。)

訪問者数

今日 : 602
昨日 : 738
総計 : 943,505
等サイトに掲載している画像および動画に問題がある場合は、即対処しますので、お問い合わせから連絡下さい。