トップ  >  THE・野球拳  >  THE・野球拳 エミュレータ CD-i版
前
THE・野球拳 媒体について
カテゴリートップ
THE・野球拳
次
THE・野球拳 SUPER 実機
THE・野球拳 SUPERをエミュレータで動かそうと試してみました。
LD版がお遊びレベルのハードルの高さです。

まだ動いていませんが、途中までの記録を残します。

Windowsの環境

Windows7 64ビット版で作業しました。

BIOSの吸い出し

CD-iプレーヤーはCDI450(+動画再生カートリッジ=CDI550)です。
CD-iプレーヤーの電源を切り、CDを取り出します。

市販されているRS-232cとUSBの変換ケーブルをPCに接続します。
iBUFFALOのUSBシリアル変換ケーブルを使用しました。ドライバ不要です。
※RS-232cが本体に付いている場合は不要です。

ヌルモデムケーブルとRS-232cを接続します。
※コネクタの形状はMIDI接続ケーブルと一致しますが、結線が異なるため通信できません。

ミニDIN 8ピン オス RS-232c Dサブ9ピン メス
1 -
2 RXD 3
3 TXD 2
4 DTR 6
5 GND 5
6 CTS 7
7 RTS 8
8 +5V

専用のスプリッターをプレーヤーのコントローラー端子に接続して、コントローラーを2つ接続できるようにします。
※PCエンジンのマルチタップはダメでした。

ヌルモデムケーブルをコントローラーの1P側の端子に接続します。
※検索すると2P側に接続する説明が見つかるのですが、なぜか逆です。

ここから「CD-i Link」プログラムをダウンロードして、コマンドを入力します。

cdilink -port ポート番号 -baud 19200 -roms
※シリアルのポート番号は、デバイスマネージャで確認できます。

CD-i Link version 0.5.2
Please reset your CD-i player!
Waiting for stub...
上記メッセージが表示されて止まります。
※ポート番号が間違っていると、すぐにプログラムが終了してコマンド入力に戻ります。

CD-iプレーヤーの電源を入れます。

すぐに認識され、BIOSの吸出しが始まります。
※電源を入れて数秒待っても画面が変わらない場合は、正常に通信できていません。
 結線が間違っているか、故障です。

UUUUDownloading cdistub...
000087CC
Ending download stub...
CD-i Stub version 0.5.1
Checking baudrate...
Baudrate set to 19200
Reading module directory...
Reading module information...
00E54F4C
Found 74 modules
Reading memory list...
Building ROM list...
Uploading cdi450a.rom (512K)...
00480000
Uploading vmpeg605.rom (256K)...
00E80000
Ending stub...
Done!
BIOSが認識され、ファイル名が「cdi450a.rom」で保存されます。
もう一つ「vmpeg605.rom」が吸い出されます。これが動画再生カートリッジです。
※19200ボー(約1600バイト/秒)で512KB+256KBを転送するため、10分ほどかかります。
-baudオプションを指定しない場合は9600ボー(約800バイト/秒)のため、倍の20分ほどかかります。
これより速い速度を指定しても失敗します。


エミュレータ

同じサイトから「CD-i Emulator」をダウンロードします。
※動画再生カートリッジに対応した0.5.3以降が必要です。
※ベータ2まで公開されていますが、URLを3に変更するとベータ3がダウンロードできます。
※一般公開されているプログラムは制限版で、登録しても送られてくるファイルは0.5.2です。
 PCの日付を変更するか、何とかしましょう。

吸い出した2つのBIOSファイルを「rom」フォルダへコピーして、プログラムを起動します。
タイトルバーでCD-i 450/550として認識されていることが確認できます。

物理ドライブには対応していなので、CDをイメージ化します。

メニューの File - Select にCDイメージをドロップして選択します。

Startボタンを押します。
このBIOSでは、CDトレーを閉じたことが認識できないようです。

Options - Setting の中の「Play CD-i disc (skip CD-i player shell)」にチェック、ついでにVideo modeのNTSCにもチェックを付けて実行すると、いきなりCDを読み込んでくれます。
しかし・・・

画面が崩れていますが、エラーメッセージと同じ背景が見えます。
※実機と同じBIOSでなければ、こちらで掲載しているエラー画面が表示されます。

せっかくなので、動画再生オプションが必要な Dragon's Lair を動かしてみます。
残念ながら、ハードウェアのチェックでひっかかります。

動画再生オプションと、拡張メモリ(?)が必要らしいです。
「vmpeg605.rom」を「vmpega.rom」にリネームしたら、タイトルバーにVMPEGという文字が追加されて、オープニングが始まりました。

しかし、オープニングの途中で画面が黒くなって止まってしまいました。
この構成で、もう一度野球拳を実行してみると、こちらで掲載しているエラー画面が表示されました。

ということで、がんばってBIOSを吸い出しても動いてくれませんでした。


動画


2.0a
投票数:2 平均点:6.00
作成:2016/6/22 17:08:58   更新:2016/6/24 19:40:05   閲覧数:4,003
前
THE・野球拳 媒体について
カテゴリートップ
THE・野球拳
次
THE・野球拳 SUPER 実機

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

メインメニュー

オンライン状況

9 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 作品紹介 を参照しています。)

訪問者数

今日 : 436
昨日 : 692
総計 : 1,065,760
プライバシーポリシー
等サイトに掲載している画像および動画に問題がある場合は、即対処しますので、お問い合わせから連絡下さい。